So-net無料ブログ作成
検索選択

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの“マネジメント”を読んだら #10「みなみは高校野球に感動した」

うーむ、結末はよくある高校野球漫画の焼き直しですか……それなら、ドラッカー云々を言う意味ないんだけどなぁ。最後の「顧客の事を考え~~」が浮くわ浮くわ。

原作者・岩崎夏海氏はは軟式野球出身らしい。あれか?ドカベンタッチで野球を覚えてタッちゃんに憧れて始めたけど、硬式の厳しさに恐れをなして軟式で楽しく野球やってたクチか?知識が野球漫画臭くて、自分でトコトンまで野球を考えた事があるようにみえないんですけど。

漫画で得られた知識を元に野球の物語を紡ぐのは別に構わない。水島新司以前ならいい加減な知識で野球漫画を描いていた人は多数いるし、それで傑作をモノにした人だっている。でも、野球を理解していないのにドラッカー理論を野球に応用させて勝つ物語を紡ぐのは無理だよ。

組織内の効率を最適化する事を目的としたドラッカー理論だけで、組織外のチームに勝とうってのが飛躍あるんだから。無理なく説得力のある飛躍を実現するには、深い知識と理屈をでっち上げる構想力が必要。

そんな知識も構想力も持ってないから、最後の最後でドラッカーを忘れた展開しか思い付けないわけだ。

まぁ、ドラッカーの大著を読む根性のない人向けに「分かりやすくドラッカーを説明して、理解した気になってもらう」というのが、この本の目的なんでしょう。童門冬二氏なら、「織田信長の事績をドラッカー理論で読み解くと」なんて話にまとめるんでしょうけど(ひょっとして、そういう本は既に出ています?)、同じ事を高校野球を題材にやったに過ぎない。

童門冬二氏が歴史を愛している程度には、岩崎夏海氏にも野球を愛して欲しいところだけどね。って、余計なお世話か。

タグ:もしドラ


2011-05-07 21:33  nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

コメント 1

HINAKA

初めまして、HINAKAと申します。

Sacchan様

直chan様ブログでコメントを拝見して、勝手ながら訪問させていただきました。
実は、ブチャケこの全10話の通称『もしドラ』に、すっかり入れ込んでしまったのですが、ほとんどのアニメ・ブログ関係が感知していないか、あるいは聞こえて来るのが、「野球を知らない」的な批判で困惑しています。こちらもそのようなので、何が問題なのか?もちろん、『大きく振りかぶって』のようなものとの比較は、お話になりませんが物語全体の構成を、成り立たせない程の問題があるとは(突っ込みどころ満載は承知していますが)、サスガに思っていません。
もし、それほど大きな問題があるのであれば、コッソリお知らせいただければ、幸いです。こちらもこっそしりしたかったのですが、メールもブログ拍手も見当たらず、やむなくこちらに書き込ませていただきました。

お目汚し大変失礼な事と、トラック・バックをお許し下さい。


by HINAKA (2011-05-19 04:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。