So-net無料ブログ作成
検索選択

【本格将棋ラノベ】俺の棒銀と女王の穴熊

ニコニコチャンネル【本格将棋ラノベ】俺の棒銀と女王の穴熊

ツイッターの将棋クラスタを見てたら宣伝ツイートが流れてきたのでチョロッと読んでみる。最近のニコニコチャンネルはいろんな事が出来るんですね~~

んで、ニコニコ動画のキラーコンテンツの一つと言われている将棋がテーマのライトノベル。粗製濫造気味のラノベ界でニッチ層を狙うという戦略は悪くない。悪くないけど、1番組あたり10万ちょっと(ユニークユーザー数ならもっと少ないでしょう)というのはマーケットとしてはかなり小さい。

深夜アニメの視聴率というのは0.5~1.5 %くらいだったかと記憶してるけど、関東広域圏には3000万人住んでいるから、ユーザー数としては15~45万人といったところか。日本全体で10万人しか見てないのはかなりな駄ニメだと思うけど、羽生森内渡辺が感動的な棋譜を残しても駄ニメレベルというのが将棋マーケットの現実だ。この狭い世界でラノベを
売り出すというのはかなりな覚悟がいると思う。

まぁ、電子出版&編集者無しで発表すれば損益分岐点を引き下げられるという計算はあるのかな。

 

で、本編に触れると……スミマセン。話に乗れませんでした。

主要登場人物はツンデレ系美少女、清楚なお姫様、美少女二人に挟まれてる平凡な男の子。最近のライトノベルとしては定番と言っていい組み合わせ。定番なだけに、なんのひねりも加えないと単なる無個性ということになってしまう。なんでもいいから他作品のヒロインには無い「個性」を付けないと。

例えば、同じようなニッチ層をターゲットにしたラノベに「RAIL WARS!」なんてのがある。この作品も主要登場人物は同じような配置だけど、ツンデレが「悪い男は射殺したがるガンマニア」。お姫様が「手引書だろうが犯人の顔だろうがなんでも記憶してしまう天才」。で、「主人公はこの二人に振り回されつつ二人の能力を利用してどのように事件を解決していくんだろう?」と興味をかき立てられるような構成になっている。いくら同好の士に読んでもらうこと前提で書いていても、このくらいのフックが付いていないと読んでいて辛いです。読者はあくまでもライトノベルを読んでいるんですからね。

途中、初級者である主人公達が将棋を勉強する場面が延々と続くんだけど、地味で退屈なものなんで(いや、何事も練習というのはそういうものですけどね)読んでて飽きてしまう。そりゃ、作者は将棋の勉強が楽しかったんだろうさ。でも、読者がその楽しさを共有する義理はない。共有してない読者の為にも、主人公の動機づけをはっきり描写して「今は退屈だが主人公の目標の為には必要なんだ」と分からせてくれないと。

名無しの権兵衛さんがいくら将棋を勉強しても、応援してあげようって気にはならないのです。

要するに「キャラが立ってない」という事ですね。こういうのって、ちゃんとした編集さんが付けば必ず言われると思いますよ。

ただし、読んだのは無料公開部分(全体の2/3くらい?)だけでこれからクライマックス(のはず)である対外試合が始まる所。最後まで読むと印象が変わるかもしれません。ただし、この先金を払ってでも読みたいという気が起きなかったのも事実だったりします。

作者は感想を求めているようだけど、厳しいことばかり書いちゃったからなぁ。報告どうしよう?



次のステージへGo!

主力に代わって入った選手もまずまず。最低限の結果も出して上々の試合。「まずまず」であってレギュラーを脅かす程の出来ではなかったのが問題といえば問題なのかな?最後に決めたのは遠藤→岡崎だし。まぁ、贅沢を言ってはキリがない。

イラクがムキになって攻めてきた割には危険な場面はほとんどなく、中東勢と日本の力量差が順当に広がってきている事を感じさせました。国内がメチャメチャで強化どころではないイラクとの差が広がるのは仕方ないにしても、そのイラクが今でも強い方だものな。

アジアでの戦いはこれでお終い。次はブラジル戦だ。勝てる気がしないぜ[ふらふら]

タグ:サッカー



日本クラブユース選手権関東予選 三菱養和SC―川崎フロンターレ

昼間の試合の結果、養和のグループ2位以内が確定。養和的にはお気楽モードでの試合となりました。一方の川崎はここまで2敗1分で5位。引き分けでも全国大会への道が絶たれかねない状況。

立ち上がりから勝たねばならない川崎が必死に攻める。開始3分で初シュートが来た後は押し込まれる展開に。ボールを奪っても前線まで繋げない。こんな時こそ、「とりあえず木村陸人に当てる」でいいんじゃないかと思うんだが……。

そうこうしている内にポゼッションも回復し、養和のシュートシーンも増える……のだけど、30分過ぎにカウンターから失点[ふらふら]。川崎の快速FWにDFが振り切られてしまった。直後には川崎の14番がゴール前でボールを受け、マークについていた養和のCB関野をフェイントで交わしてゴール右隅に流し込む。もう一人のCB飯泉(U-18代表候補選出おめでとう)はきちんと対処出来てたんだけど、彼は狙われていたような。そんなわけで、2―0で折り返し。

どうも養和の選手は浮ついている感じ。予選通過が決まったのを知っていたのかな?知ってたにしても、しっかり試合をしなければいけません。後半は監督に絞られたのか養和の集中力が復活したものの川崎ゴールをこじ開けられず、2―0のまま試合終了。点が取れるチームじゃないから、仕方のないところ。

川崎は2次リーグ初勝利で3位に浮上。14番の選手が良かったです。このチームがどうして栃木SCに0―6で負けたんだろう?



翠星のガルガンティア #9「深海の秘密」

ガルガンティアと決別したレドとピニオンはクジライカの巣が存在する海域にやってきた。レドはヒディアーズを殲滅するために、ピニオンはクジライカの巣に存在する遺跡からサルベージするために。ヒディアーズを駆逐しながら遺跡に潜行するレドとチェインバーだったが、レドはそこでヒディアーズの幼生体を発見する。人間そっくりの姿に驚愕するレド。さらに遺跡の中心部まで潜入すると、コントロールルームから飛散したと思われる記録媒体を発見する。再生してみると、そこにはヒディアーズの誕生に関する恐るべき秘密が記述されていた……

というわけで、全ての種明かしがここに。まぁ、ヒディアーズが人工生命体であるのは容易に予想された話だし、人類銀河同盟がレドに真実を伝えていない(知っていて伝えてないのか、それとも長き戦いの末に真実に関する記録が失われてしまったのかは判りませんが)のは見え見えではあったんですがね。レドを含めた兵士たちを「戦う機械」に仕立て上げるために睡眠学習を使って一種の洗脳を行っていたのは第一話の冒頭で出て来ましたし。第三話で弟の事を思い出す(逆に言えば、戦闘に必要な記憶以外は消されてしまっているわけだ)のもヒントになる。

種明かしより重要なのは、チェインバーの指示に唯々諾々と従うだけだったレドが、自発的に考え始めていること。記録媒体は本来の任務(ヒディアーズの殲滅)には直接関係ないし、今までのレドなら「軍事機密である」と言われれば素直に従っていたものな。そもそも、ヒディアーズを殲滅する理由も「人類の敵だから」から「エイミーたちを守るため」に変わっている。戦うことしか知らない無垢な子供が自我を確立していくことが、この物語のテーマになっているのでしょう。

さて、ヒディアーズが人類の仇敵ではない事を知った今、レドはどう行動するか。海上で待っているピニオンはそれで納得しなさそうだが。



双方幸せな決着

豪州は最初から引き分けを意識して人数をかけた攻めをしてこない。日本も当然引き分けで充分負けたら厄介な事になる。というわけで、後半40分を過ぎたら互いに自陣でボールを回すだけで攻撃しない「引き分け談合試合」になることが予想された試合ですが……

後半38分の失点で無駄に盛り上がってしまった。運も悪かったけど、あれはフィスティング出来るでしょ川島。ハンガリー戦での無回転シュート弾きそこねといい、調子を落としているんだろうなぁ。

なんにせよ、引き分けは妥当な試合。次はコンフェデブラジル戦だ。(イラク?若手を試しときゃいいです)

タグ:サッカー



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。